なぜブルーベリーだったのか

 私は、自分自身で育てた数多くのブルーベリー品種をはじめとして、日本中の産地をまわって最高ともいえる味を体感してきたたわけですが、その最初のきっかけは「たった一粒のブルーベリー」だったのです。

 2001年6月1日、自宅の屋上で最初に熟した1粒のブルーベリーの味覚に私は驚嘆しました。その場には、誰もいなかったのですが「美味い!」と声を上げたのをはっきりと憶えています。

 そのたった1粒の鮮烈な印象が、ブルーベリーに興味を持ったきっかけだったといってもいいでしょう。当時、一般に売られているフレッシュブルーベリーは、そのほとんどがサイズも小さく状態も悪く、けっして美味しいものとはいえませんでした。そんな味覚レベルが、ブルーベリーという果実の既存イメージだったのです。ブルーベリーは、輸送性と保存性に宿命的な課題を抱えているため、一般的に流通しているフレッシュブルーベリーが美味しいこと自体が珍しくラッキーなことなのです。

屋上のブルーベリー

 私が驚嘆したブルーベリーは、北部ハイブッシュ系の「ウェイマウス」という品種でした。しかし、後で調べてみると、その品種の評価は意外にも低いものでした。にもかかわらず、その摘み取ったばかりの一粒は本当に美味しいものだったのです。私のブルーベリーへの興味は、この早生品種ウェイマウスの一粒から始まったのでした。

 当時でさえ、日本で入手可能なブルーベリー品種の数は、優に100を超えていました。しかし、その多くは品種の正確性に、かなりの問題を抱えていました。実際に私が購入したブルーベリー苗も、ラベルは同じ品種名を表示しながらも明らかに形質が違うものが多数存在していたのです。逆に、全く違う品種名のラベルが付いていながらも、熟期のみならず葉や果実の形状が酷似したものが頻繁に見受けられたのでした。

 常に真実を追い求めることに余念のない私にとっては、このような気がかりな問題点こそが早急に解決すべき課題だったのです。そして、その手がかりや結論が既存情報に存在しないならば、自分自身で調べ確定するしかなかったのでした。わずかな狭い空間でしかない都会で楽しむブルーベリーにとっては、そんな気がかりの解決なくしては「心豊かに暮らす」気になれなかったのかも知れません。

ブルーベリー品種

 このような理由からブルーベリーという果樹に極めて短期間で濃密に接したことで、私自身の観察眼ともいうべきものは、研ぎ澄まされていったような気がします。対象は何であれ、ノウハウとして習得したものは、どんなジャンルに対しても応用は利くものだと考えています。これが、後に「万年筆」へ、「ヴィエナブロンズ」へ、「ワイン」へ、そして「野鳥撮影」へと繋がっていったのだと思っています。 そして、その活動をつぶさに記録し、表現し、記憶としての定着を支援する強い味方(ツール)として、「フォトグラフィー(写真を撮ること)」があったのだと思っています。

 なお、ブルーベリーに限らず、私の心を強く惹き付けた対象物には、強い付加価値を感じさるという共通点があるような気がしています。私は、その対象物自体はもちろんのこと、その付加価値に対して多大な興味関心を持つようです。