ブルーベリーとのかかわり

 私がブルーベリーに対してこれほどまでに深く傾注した理由は、ブルーベリーを「都会で楽しむ」こと、そしてそれによって「心豊かに暮らすこと」を阻害する要因がブルーベリーの品種問題に内在していたからのような気がしています。つまり、それを解決すること自体が、結果として当時混沌としていたブルーベリー品種を同定し、体系化するということに繋がったのだと考えています。

都会で楽しむブルーベリー

 今になって振り返ってみると、BSフジの「LOHAS(Lifestyles Of Health And Sustainability )」をテーマにした番組の取材(2006年6月)で、私は全く意識することなく「ブルーベリーを育てることが目的ではなくて」、「心豊かに暮らすこと」だと語っていたのです。この取材は、事前打ち合わせなどほとんどないインタビュー形式のものだったので、これが自分の素直な気持ちだったのだろうと思っています。

BSフジLOHAS INFORMATION

 つまり、自分自身にとってのブルーベリー栽培とは、目的ではなくて手段であったばかりでなく、非常に冷めた視点でブルーベリー自体を見つめていたのだと思います。したがって、「ブルーベリー大図鑑」の制作とは、ライフワークなどという悠長な位置づけではなく、極力短期間で完成させなければならない自分自身の課題であるとともに、自己実現の証だったといえるでしょう。

 そのような感覚や視点であったからこそ、極めて客観的にブルーベリーを見つめられた気がしています。 私は、興味を持ったものに対しては、短期間で徹底的に見つめ、調べ上げ、極め尽くそうとします。そして、そこから得た知見によって、さらに難解な次なるターゲットを見つけ、そこに役立てようとしているようです。そんな性分に至った原点は、どうやらこのブルーベリーとの出会いだった気がしています。

 それまでほとんど興味も関心もなかった植物の世界。その中の果樹栽培、さらにその基本であり根本でもある「品種」の問題。その品種が混乱していたら、その次の展開など描けなかったのでしょう。私は、それをないがしろにした状態で、大きな実をつけさせ、より多くの収穫をするための栽培方法などいうことに興味が移行しなかったのです。と同時に、ブルーベリーそれ自体よりも、そのような状態になっている現状の解明や仕組み、成り立ち自体に大きな興味関心があったのだと思います。

心豊かに暮らすこと