もう一つのブルーベリー背景(泉ガーデン)

 本サイトの発信地から六本木ヒルズの正反対側には、「都会で楽しむブルーベリー」のもう一つの背景となる泉ガーデンがあります。泉ガーデンは、高低差のある敷地を有効活用し、近代的な意匠を持つ建物と、庭園の緑が調和する駅直結型の複合都市を目指し、「開かれた街づくり」というコンセプのもと、六本木ヒルズより一足早く2002年にオープンしました。

 その象徴的存在である泉ガーデンタワーは、緑色のオールガラスと段差のあるスカイラインを特徴とする地上45階、高さ216mの個性豊かなオフィスビルです。太陽の陽差しを受けると、異色ともいえるその緑色の印象をさらに強く醸し出します。多くの高層ビルがその個性を競う中、泉ガーデンタワーは、その形状だけでなく、色彩においても強烈な個性を放つといえます。

泉ガーデン

 この泉ガーデンを背景とした記録写真があります。再び撮ることのできない建設中の泉ガーデンタワーです。秋の晴れ渡った青空に、美しい紅葉を見せるのは、北部ハイブッシュ系品種ウェイマウス(Weymouth)です。写真情報のファイルプロパティからは、 2001年11月18日9:56:43という撮影日と時刻がわかりました。

泉ガーデン

 その泉ガーデンタワーの近くには、日本アイ・ビー・エム本社ビルや、日本サムスンと三井不動産による日韓共同の大型プロジェクト「六本木ティーキューブ(2003年9月竣工)」などが建ち並んでおり、個性的な外形的特徴と、そこからもたらされる造形美によって「都会で楽しむブルーベリー」というテーマを象徴する背景素材としては、こちらも絶好の風景だといえます。

泉ガーデン